おすすめ育毛剤Guide|頭皮状態の改善を促すアイテム

最近の薄毛対策

笑顔の医師と看護師

遺伝によって決まる

昔から、男性が薄毛になりやすいことは誰もが知っている事実です。ただ、薄毛になる人がいる一方で、いくつになっても薄毛にならない人もいるのです。この違いは、一体どこから来ているのでしょうか。実は、男性に発生する薄毛のほとんどは、遺伝によって起こることが解っています。遺伝によって引き起こされる男性の薄毛のことをAGAと呼んで、その他の原因で起こる薄毛と区別しています。そして、AGAの遺伝様式は次の2タイプが知られています。まずは、母親の両親のどちらかから隔世遺伝するタイプです。この場合、性染色体であるX染色体上にAGAの遺伝子が存在しています。もう1つは、常染色体上にAGAの遺伝子が存在するタイプで、この場合は父親から遺伝することになります。

原因物質も特定されている

AGAの場合、原因物質も特定されているのです。その物質の名は、ジヒドロテストステロンと呼ばれ、男性ホルモンのテストステロンから5αリダクターゼによって転換された物質です。そして、最近の薄毛対策の主流は、医薬部外品の育毛剤から医学的に効果が実証されているAGA治療薬へと変わりつつあります。治療薬とはフィナステリド製剤のことで、脱毛防止効果が高いと言われています。フィナステリド製剤の脱毛防止効果は、5αリダクターゼを阻害することで現れます。また、頭皮の血流を改善し発毛効果が高いミノキシジル製剤と併せて利用することで、さらなる効果が期待できるとされています。ですから、まずは病院で薄毛の原因が何であるのかを調べてもらうと良いでしょう。